浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

二ッ木山 常行院 (般舟寺)  葛飾組 144

  当山は市内小金の東漸寺開山の經譽愚底上人により1502年(文亀2年)、檀信徒の請願により開創された、二ツ木山般舟寺常行院と称する浄土宗の寺院。本尊阿弥陀如来立像(御丈2尺2寸、台座高1尺1寸)は恵心僧都の作といわれるが詳細は不明である。脇侍の観音菩薩像と勢至菩薩像を含めて
「弥陀三尊」という。

 また隣接の向上・下宿観音堂を1915年(大正4年)に合併して、その如意輪観音菩薩を併せまつるようになり、漁夫の信仰仏としての由緒もある。
 なお、開山当初より無住の時期が度々あり、その間檀信徒が寺院を維持してきた。

1931年(昭和6年)第47世道譽良元上人晋山を期に堂宇荘厳を整備し、急速な念仏道場の興隆が図られた。その後、国道6号線の整備に伴い、1965年(昭和40年)には本堂を再建し、本尊仏その他の修復をも成し、国道側に参道を設け、旧水戸街道側を裏参道に改めた。さらに、1996年(平成8年)には時代に即応すべく客殿・庫裡を新築し、現在に至っている。

【略年表】
西暦 和暦 内容
1502年 文亀 2年 「行蓮社経譽上人愚底運公大和尚」により開山
1517年 永正14年 開山経譽上人遷化(6月6日)
1628年 寛永 5年 長譽上人遷化
1731年 享保16年 第28世 識譽上人遷化
1745年 延享 2年 二世安楽地蔵建立
1753年 宝暦 3年 六地蔵建立
1759年 宝暦 9年 第29世 得譽上人遷化
1764年 明和元年 第30世 頂譽上人遷化
第31世 往譽上人遷化
1771年 明和 8年 第32世 念譽上人遷化(10月18日)
1779年 安永 8年 第33世 誓譽上人遷化
1800年 寛政12年 第34世 等譽上人遷化(1月28日)
1811年 文化 8年 本堂再建
1814年 文化11年 諸国神社仏閣拝礼供養塔建立(10月)
1820年 文政 3年 第35世 戒譽上人遷化
1825年 文政 8年 第36世 寶譽上人遷化
1850年 嘉永 2年 徳如尼遷化(観音堂)
1874年 明治 7年 第41世 先譽上人遷化(12月16日)
1882年 明治15年 第42世 安譽上人遷化
1891年 明治24年 檀信徒31名の寄進により什物新調
1894年 明治27年 第44世 良譽上人晋山
1915年 大正 4年 第44世 良譽上人遷化観音堂合併
1928年 昭和 3年 大工池田辰五郎により建物改修工事(8月)
1931年 昭和 6年 第47世 道譽良元上人晋山
1965年 昭和40年 本堂庫裡新築落慶
1975年 昭和50年 庫裡・本堂裏堂改修
1979年 昭和54年 第47世 道譽良元上人遷化(1月7日)
第48世 行譽宏之上人晋山
1985年 昭和60年 旧水戸街道に参拝者用駐車場を造成
1995年 平成 7年 第48世 行譽宏之上人遷化(3月3日)
第49世 修譽智雄晋山
1996年 平成 8年 客殿庫裡新築落慶(11月23日)

(二ッ木山 常行院 般舟院 05.09.12掲載)


開   山
 經譽愚底運公上人
開創年次
 1502年(文亀2年)
現 住 職
 久保田 智雄
指定文化財
  
年中行事
 
事業活動
 
住   所
 松戸市二ツ木128
電   話
 047−340−2491
交   通
  地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.