浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

寶泉山 長流寺 (廣濟院)  葛飾組 134

 当寺の開山・了蓮社覺譽上人大信和尚は、伊勢国の生れであるが、東国布教のため慶長11年(1606)、流山村に錫をとどめた。その頃、村の東南に「観音松」とよばれる老木があり、覺譽上人はこの松の下に草庵を結んで布教していたといわれる。翌12年、本寺である東漸寺八世・霊譽上人によって山号を「寶泉山」、寺号を「長流寺」と称するよう命
ぜられた。覺譽上人は在住13年間、元和5年7月16日に寂された。
 その後、十四世・眞譽上人の代の天保7年(1836)10月29日、夜半の出火により、堂宇は全焼し、古文書・什物等一切を失ったといわれる。この火災は、最近、流山市史
資料調査の際、市内芝崎吉野家文書・「天保七年日記帳」によって事実であることが明らかになった。再建は元治元年(1864)であることが善導大師像奉安の壁裏に墨書されている。なお当寺開創以来、本年(1982)で375年を経過したことになる。
4

(「千葉県浄土宗寺院誌」(昭和57年刊)より  宝泉山 長流寺 広済院 03.03.10掲載)


開   山
 了蓮社覺譽上人大信和尚
開創年次
 1607年(慶長12年)
現 住 職
 高橋 一仁
指定文化財
  
年中行事
 
事業活動
 
住   所
 流山市流山6−677
電   話
 04−7158−0355
交   通
  地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.