浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

東海山 光泉寺 (龍燈院)  東総組 107

 領主・椎名小次郎胤廣が、良忠上人に帰依し、当地に一宇を創建して、上人を開山に迎えた。明治39年に十三間四面の堂宇を焼失して以来、寺に関する文献は皆無となった。東京の錦糸町重願寺(大正大学教授・大谷旭雄住職)の開山上人が、光泉寺にて学問をおさめて、重願寺を開いたことが最近判明した。『浄土傳燈総系譜』(巻中・87頁)によ
ると、是哲上人といい、源譽存應の弟子で、本蓮社願譽是哲と号し、椎名氏の出身であり、光泉寺において剃髪出家得度したのである。現在でも、量性院・観音院・地蔵院と三ヶ寺を兼務し、記主禅師四八宇の法灯を堅持している。なお山号は「城戸山」とも
号した。
4

(「千葉県浄土宗寺院誌」(昭和57年刊)より  東海山 光泉寺 竜灯院 03.03.10掲載)


開   山
 記主禪師然阿良忠上人
開創年次
 1258年(正嘉2年)
現 住 職
 杉山 昌久
指定文化財
  
年中行事
 
事業活動
 
住   所
 山武郡横芝光町木戸4632−1
電   話
 04798−4−1317
交   通
  地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.