浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

光明山 圓城寺  千葉組 90

 治承4年、千葉介常胤の子で僧の日胤は、平家討伐のため源頼政に従い、奈良へ向う途中、宇治で戦死した。その後、常胤一族は下総国印旛郡へ移り、日胤の菩提を弔うため、当地円城寺を建立して菩提寺とした。その後、常胤の受領所となり代々千葉氏の家臣により守られた。
 正治元年5月24日、日恵上人が入寺してか
ら寺門は栄えた。永正5年11月7日、大蓮社岸譽上人龍門大和尚が入寺し、浄土宗に改宗され今日に至っている。なお、現在の本堂は昭和48年に建立されたものである。
3
4

(「千葉県浄土宗寺院誌」(昭和57年刊)より  光明山 円城寺 03.03.10掲載)


開   山
 日胤上人
開創年次
 770年(宝亀元年)
現 住 職
 村松 隆彦(兼務)
指定文化財
  
年中行事
 
事業活動
 
住   所
 佐倉市城672
電   話
 
交   通
  地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.