浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

二尊山 教安寺 (東專院)  千葉組 81

 当山は寛永2年(1625)、土井利勝が佐倉城主の時に、将軍家よりの預かり人である花井左門(後に松平左門と称す)が妻室の東専院殿松譽春貞大姉の菩提のために、厭譽道波上人を開山に迎えて、佐倉の地に建立したものである。
 本堂には、行基作と伝えられる阿弥陀如来坐像を御本尊に、その脇侍には恵心作と伝
えられる観音菩薩・勢至菩薩の立像、さらに善導・円光両大師像がおまつりされている。
 季節により、様々な草花を楽しむことができる境内は、石造りの山門を入るとすぐ右
手に、昭和52年に再建された鐘楼堂がある。この梵鐘は、大晦日には勿論のこと、毎日正午にも、その音色を佐倉の町に響かせている。その奥には、歴代住職墓があり、隣には三界萬霊供養のために享保6年(1721)に造立された、金銅地蔵菩薩が境内を見守るように座している。
4

(二尊山 教安寺 東専院 03.03.10掲載)


開   山
 欣蓮社厭譽道波大和尚
開創年次
 1625年(寛永3年)
現 住 職
 津田 善昭
指定文化財
  
年中行事
 大施餓鬼会(8月24日)、除夜の鐘(12月31日)
事業活動
 
住   所
 佐倉市新町140
電   話
 043−484−1229
交   通
 JR又は京成佐倉駅より徒歩20分 地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.