浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

光明山 胤重寺 (智窓院)  千葉組 66

 開山・雲巖上人は、祖師・法然上人、鎮西聖光上人の法孫で、俗籍は当国旧領主・千葉介常胤の四男・武石三郎胤重の末孫であり、武石三郎胤盛の舎弟である。祖先「胤重」の菩提のため、永禄元年当寺を建立して「胤重寺」と号した。
 境内には、千葉県文化財「戸塚揚心流祖戸塚彦介英俊、二代彦九郎英美の墓」があ
るが、英俊は、文化10年(1813)江戸西大久保に生れた。父より術の皆伝を受けて幕府の講武所初代教授となり、さらに千葉県巡査教習所で柔術師範を勤めた、近世乱取り中興の祖といわれる。市内寒川町に寓居し、明治19年、78才で寂した。また、英
美は、大日本武徳会最初の柔道範士で、市内通町に道場を開き、柔道の普及につとめた。明治41年寂。
4

(「千葉県浄土宗寺院誌」(昭和57年刊)より  光明山 胤重寺 智窓院 03.03.10掲載)


開   山
 栴譽雲巖上人
開創年次
 1558年(永禄元年)
現 住 職
 村松 隆彦
指定文化財
  
年中行事
 
事業活動
 
住   所
 千葉市中央区市場町10−11
電   話
 043−222−5747
交   通
  地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.