浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

深廣山 長泉寺  安房組 45


建暦元年(1211)元祖・法然上人の御弟子・空阿上人が関東を行脚せられ、当地に寄り一寺を建立したと伝えられるが、開山以降、荒廃すること久しく、第二世・真誉安説上人が再興したが年号、中興歴代上人等不詳である。
大黒天立像は、元亀4年(1574)2月1日、里見
義頼公より拝領したもので、当時、岡本城主・義頼公の女中が下城の際、水田二枚と共に拝領し、現・長泉寺に安置してあったものである。後、明治の初めより祭典が行われ、現在毎年1月6日、約1万人の参詣者でにぎわう。
3
4

(「千葉県浄土宗寺院誌」(昭和57年刊)より  深広山 長泉寺 03.03.10掲載)


開   山
 空阿上人
開創年次
 1211年(建暦元年)
現 住 職
 本間 誠章
指定文化財
  
年中行事
 
事業活動
 
住   所
 南房総市原岡980
電   話
 0470−33−2246
交   通
  地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.