浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

福徳山 正源寺 (東陽院)  君津組 34

 当寺は「鎌倉時代の徳冶2年(1307)時宗の高僧、他阿心教上人により、上総の国初めての念仏根本道場として創建されました。
 上人は当一所に数年間の滞在中、民衆に溶け込み念仏の布教に努められ、当時の書物によると「道場は楽しい極楽浄土のごとく、南無阿弥陀佛の歌念仏で賑わっていた」とされ、それまで「安万支」と呼ばれていた当所
が、阿弥陀様が久しく留まられた里、と言うことで「久留里」と言われるなったと言います。
 その後、天文15年(1546)久留里城を本城として房総一帯に勢力を振るった、戦国大
名里見氏の庇護を受け、里見家累代の安心佛を本尊とし、里見義尭公を後開基として、宗派を浄土宗に改め、名称も福徳山東陽院正源寺と号すようになりました。
 戦国時代が終わり、江戸時代になると、当寺は徳川家の庇護を受けた御朱印寺となり、塔頭四軒・末寺八ヶ寺をもち、朝な夕なの念仏の声は町外れまで響き渡ると言われた大寺 院となりました。
 栄枯盛衰は世の習い。徳川政権が終わりを告げ、葵のご紋の権勢が失われると、塔頭・末寺すべてが焼失あるいは荒れ果て廃寺となりました。本坊東陽院も昔日の大伽藍は焼失し、今に残るものは山門の一部と樹齢700年を越す大イチョウのみ。
 しかし、明治・大正二昭和と激動の時代を、歴代の住職並びに檀信徒が力をあわせて復興の努力がなされ、現在にいたっております。

(福徳山 正源寺 東陽院 03.03.10掲載)


開   山
 (香)譽上人(中興)
開創年次
 1307年(徳治2年)
現 住 職
 蓮波 秀雄
指定文化財
  
年中行事
 花まつり(釈尊降誕会)、施餓鬼会、加勢観音祈願会、除夜の鐘 他
事業活動
 寺報発行、写経会 他
住   所
 君津市久留里市場185−1
電   話
 0439−27−3671
交   通
 JR久留里線 久留里下車徒歩1分 地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.