浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

福聚山 淨信寺 (泰嶽院)  君津組 26

 慶長6年(1601)開山・心譽春諦上人が観音堂守護として掛錫中、専ら法爾を注ぎ大仁村民の帰依を受け一寺を建立し、福聚山・泰嶽院・浄信寺と号した。
 元禄9年(1696)、第九世・信譽理碩上人代に飯野藩主・保科弾正景公の帰依を得て、120坪の本堂を再建し、諸堂を新設して隆盛日々に増していった。しかし明治維新と共に
藩中檀徒離散し、加えて大正12年(1923)9月1日の関東大震災の厄に遭い、本堂はじめ諸堂全滅の状態に陥った。
 昭和4年、第二十世・心譽禅恵上人の発願により、近代的建築を以って本堂の再建
復興を企て、同年5月起工、同年12月竣工、昭和5年2月入佛式を挙行して、ここに荘厳な寺観を呈するに至った。
 戦後の諸改革により田畑・山林を多く失い境内地・境内建物だけとなったが、檀信徒の護寺協力によって現在に至っている。
4

(「千葉県浄土宗寺院誌」(昭和57年刊)より  福聚山 浄信寺 泰嶽院 03.03.10掲載)


開   山
 心譽春諦上人
開創年次
 1601年(慶長6年)
現 住 職
 今井 正義
指定文化財
  
年中行事
 
事業活動
 
住   所
 富津市青木887
電   話
 0439−87−1022
交   通
  地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.