浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

法光山 最勝院 (聚楽寺)  葛南組 17

 当山は、寛永年間(1624〜1643)の初頭、浄勝寺住職大超(潮?)上人により塔頭として創建されたと伝えられる。慶安年間、中興開山但譽了受大徳により堂宇の再建がなされた。
 明治20年頃、浄勝寺塔頭から独立寺院となり、尋蓮社聲譽察音上人(明治25年12月13日没)の手により、堂宇の改修が行われ、
その後、昭和34年、正蓮社覚譽上人(千野定戒)、昭和49年、中興圓蓮社融譽上人(千野定勝)により堂宇の整備がなされるとともに教線の拡張が図られた。
 平成14年、現住第21世・信蓮社明譽法人代にて堂宇全面改築がなされ、これを記
念し寺号を「聚楽寺」と称するに至った。
4

(法光山 最勝院 聚楽寺 03.03.10本文掲載 03.05.30本尊写真改訂)


開   山
 但譽了受上人
開創年次
 1624〜1643年(寛永年間)
現 住 職
 千野 法人
指定文化財
  
年中行事
 初念仏会(御忌 1月第4週土曜日)、 施餓鬼会(8月23日)
 十夜会(11月3日)
事業活動
 寺報「法 光」年間3回発行、 詠唱会
 暁天念仏会(毎月第1日曜、午前7時)、 お経の勉強会(法光会)
住   所
 船橋市本町3−35−5
電   話
 047−422−5261
交   通
 JR船橋駅、京成船橋駅より各徒歩10〜15分 地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.