浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

福寶山 西棲院 (專精寺)  葛南組 13

 当院はその昔、東京浅草にあったが、その後本郷に移転し、天明の大火に焼けてから本所太平町に移り、さらに大正12年(1923)の大震災を蒙って昭和3年(1928)現地に移転した。その創基は元禄元年(1688)、即ち今より315年前、猛譽上人の開基にかかり、初めは開山堂であり、のち隠居所式の別院となっていたと称せられる。度々禍殃の災を
蒙っているため、記録の残存するものなく詳細を知り難いが、寺格高く御朱印等も多くあったと伝えられる。 別に上州太田大光院・呑龍上人の御分身を奉安し、子育て開運等に太田の呑龍様と寸分と変らぬ御守護あるため、昔からの信仰者で遠くよりたず
ねて参詣に来る者が多かった。
4

(福宝山 西棲院 専精寺 03.03.10掲載)


開   山
 猛譽進勇比丘
開創年次
 1688年(元禄元年)
現 住 職
 三次 勇善
指定文化財
  
年中行事
 施餓鬼会(7月25日)、十夜会(10月26日)
事業活動
  
住   所
 市川市国府台5−26−60
電   話
 047−372−5684
交   通
 北総線矢切駅下車徒歩8分 総武線市川駅・京成国府台駅よりバス 地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.